いつまでたっても仲が悪いアパートの2匹の地域猫くん

雨で、ワラビが帰って来れない隙に、換気のためにドアを開けていたところ、地域猫(保護猫)の常ちゃんが部屋に入って来ました。

常ちゃんは、1年ほど前に突然アパートに現れて住み着いた、雄の野良猫ちゃんですが、とても怖がりでアパートの敷地内だけが行動範囲の子です。

 

なので、いつもアパートの駐車場か、アパートの廊下にいます。

特に、私の部屋のドアの前がお気に入りで、毎日、私の帰りを待ってくれています。

 

常ちゃんという名前は、私の亡くなった父が大の猫好きであり、特にこの子のようにしっぽが長くて、お顔がほっそりした猫が好きだったため、父の名前の一部を取って、常ちゃんと命名いたしました~

男の子ですが、歯の状態からすると、まだ若いと思います。

 

普段は、アパートのお掃除をしてくれるミャンマー人のお姉さんにくっつき回っていて、時々、お姉さんのお部屋に入れてもらっています。

さらに、私が換気のために部屋の入り口扉を開けていると、必ず部屋の中に入ってきます。

 

常ちゃんは、部屋の中に入ると、ワラビちゃんの匂いがするのか、ソファーの上ばかり探索しています。

ワラビくんは、2年ほど前からアパートに住み着いた野良猫で、一度病気になって死にかけたことがあり、私が病院に連れ行って世話をするようになってから、毎晩、ベランダから訪ねてくるようになったおじいちゃん猫です。

 

 

ワラビは、とても穏やかな猫なので、部屋に入って来た時には、身体を拭いてブラッシングをする間大人しくしてくれる子で、この作業をしないと部屋においてもらえなことがわかっているので、いつも体は綺麗なのですが、常ちゃんは、怖がりなので絶対に体を触らせないため、虫とかを部屋に落としていかれるのが嫌だから、いつも部屋に入ってきたらすぐに外に出しています。

 

 

なので、この時もすぐに常ちゃんを部屋から出したのですが・・・・

なんと、雨が降っていたので、アパートの廊下にワラビが避難してきていて、鉢合わせで喧嘩が始まりました。

 

ほんと、相性が悪いな〜

 

1分くらい、常ちゃんがギャーギャー叫んでいましたが、常ちゃんの方が外に逃げ出したようで、その後、しばらくすると、ワラビが入れてくれと部屋の前にやってきて鳴きだしました。

 

部屋に入れてあげると、常ちゃんがしつこく調べていたソファーの上でくつろぎだしました。

 

常ちゃんの匂いが嫌いではないみたいです。

ワラビにとっては、常ちゃんはお友達になれる範疇の子なんだろうな~と思います。

 

いつか、二匹が仲良しになればいいのにな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です