ツネちゃんとワラビちゃんがベランダのガラス戸越しに睨めっこを開始!!

非常にヤバイ状況です!!

 

先に地域猫ワラビちゃんが、ベランダから私の部屋を訪ねてきて、その後、地域猫のツネちゃんがやって来ました。

 

地域猫で保護猫のわらび君は、毎日夜になると餌をくれ~と、アパートの2階にある私の部屋のベランダから訪ねてきます。

 

そして、もう1匹の地域猫で保護猫のツネくんは、とっても怖がりなので、いつもアパートの廊下の私の部屋のドアの前で、餌をくれ~と私の帰りを待っています。

 

ところが、昨夜、私が帰って来た時に、ツネちゃんがアパートの駐車場に居たので、ちょうどポケットの中に入っていた、猫の餌を上げたのですが・・・・

 

不味い・・と、半分食べて残してしまったのです。

 

私は、「食べないならいいよ、他の餌はあげないよ!」と告げて、自分の部屋に戻ったのですが・・・・・

 

 

部屋に戻ると、ワラビがベランダに居て

「お腹が空いた! 早く餌をくれ~!!」

と、ギャーギャー鳴いて待っていました。

 

ワラビ君を部屋に入れて、餌をあげていると・・・・

ドタン、ドタンという音が聞こえました。

 

ひょっとして~と、ベランダを見ると、ツネちゃんが来ているではないですか~

ツネちゃんは、怖がりなのでベランダから来たことは一度もなかったのに、びっくりです。

 

猫の画像のようです

 

ワラビは興味津々でベランダのツネちゃんに近づいて行きました。

 

ワラビは先輩風ふかして余裕かましてますが、ツネちゃんがフーフー言ってます

 

このにらめっこ状態が30分続きましたが、とうとう、ワラビは疲れたのか床で寝てしまいました。

 

さあ、ツネちゃんはどうする?

 

 

結局、この状態で1時間ほど経ったものの、ツネちゃんがずっとフーフー唸っていた、最後にはでかい声を発し出したので、近所迷惑になることから、抱きかかえてアパートの廊下に放り出しました。

 

ツネちゃん、スイッチ入っているので、噛みつかれないかと抱きかかえるのも冷や冷やでした。

 

 

そして、なぜかワラビは、ツネちゃんが出て行った後に、急に大運動会を始め出して、狭い部屋の中を走り回り出しました。

ドスンドスン音を立てるので、結局、ワラビもベランダに放り出しました。

 

2匹が居なくなった後は静かになり、曰くつきの北京五輪のフィギュアスケート女子を見ることに・・・・

 

 

しかし、本当に仲の悪い、地域猫ちゃん達です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です